男子スポーツ選手

戸邉直人のイケメン画像と彼女が気になる!強さの秘密は走り高跳び研究?

投稿日:

戸邉直人

陸上競技・走り高跳び世界ランキング1位の戸邉直人選手。

高身長で顔が小さいイケメンですよね。

しかも筑波大学の博士号を持つインテリアスリートなんだとか!

そんな戸邉直人選手について、イケメン画像や彼女について調べてみました。

戸邉直人のイケメン画像は?彼女はいる?

また、強さの秘密についてもチェックしてみたいと思います。

戸邉直人のイケメン画像!顔が小さくて高身長!

戸邉直人

引用:twitter

戸邉直人

引用:twitter

戸邉直人

引用:twitter

戸邉直人

引用:twitter

戸邉直人選手はとっても顔が小さくて身長は194㎝という高身長

多分、8,9頭身くらいはありそうです。

しかも体脂肪率は4%というから無駄な脂肪はないですよね。

ただ、試合が続くと痩せやすいそうで、頑張って甘いものなどを食べるようにしてるそうです。

徹底的に絞り込まれた体は華奢なように見えるけど、160㎝のハードルを楽々と跳べるくらい、跳躍力がすごいんです。

戸邉直人に彼女はいる?

戸邉直人選手は現在27歳(2019年9月時点)。

彼女はいるんでしょうか?

戸邉直人選手は普通に歩いていてもかなり目立ってしまうと思うので、もし彼女がいたとしたら目撃情報がありそうですよね。

調べてみると、残念ながら彼女の存在がわかる情報はありませんでした。

テレビのインタビューでは、走り高跳びの練習の息抜きが研究とまで発言されていたので、もしかしたら、現在は走り高跳び一筋なのかもしれませんね!

戸邉直人は筑波大学で博士号を持つインテリアスリート!

戸邉選手は、出身大学の筑波大学大学院で博士号の論文を発表したインテリアスリートなんです。

その論文の題名は、

「走り高跳びのパフォーマンス決定に関わる技術要因の検討」

という、パット聞いただけでいかにも内容が難しそうですね(^^;)

要は、

「高く飛ぶためにはどうしたらいいのか?」
「どんなトレーニングをしたらいいのか?」

について研究した分析論文だそう。

テレビのインタビューでは、「自分で研究して自分の理論も見つけてきたので、大会で結果を残すことはかなり自信を持っている。」と自信を持って答えられたのが印象的でした。

Ringo
一般的に、プロのスポーツ選手には専属で分析する人がついているものですけど、自分で研究して分析・理論まで明らかにするって凄いですよね~。まさに文武両道ですね!

戸邉直人の強さの秘密とトレーニング方法って?

走り高跳び世界ランキング1位の戸邉直人選手について、強さの秘密やトレーニング方法について調べてみました。

動作分析マーカー

戸邉選手は、体の47か所にマーカーを貼って、動作分析をしながら練習しています。

周囲には赤外線カメラを30台も置いています。

このカメラでマーカーを情報を取り込み、

「どういう動きをしてるか?
「踏切の力と大きさ」

などを分析されているそうです。

シングルアームに変更

2018年までは跳ぶときに、両手を上げる「ダブルアーム」でしたが、2019年からは片手だけ上げる「シングルアーム」に変更しました。

このおかげで、動きがスムーズになり、記録が一気に上がったそうです。

助走を6歩に変更

海外遠征の試合で、助走の歩数を短くしなければいけない状況になり、9歩から6歩へと助走を変更しました。

それが、結果的に好成績を生むキッカケになったんだそうです。

160cmの特注ハードルで跳躍を鍛える

なんと戸邉選手、160㎝という高いハードルを使って踏切の練習としています。

想像しただけで無理そうな高さですが、実際見たら楽々跳び越えてました( ゚Д゚)

このハードルは普段は3台~5台並べて跳び越えているそうです。

戸邉直人が東京オリンピックに出場できる条件は?

走り高跳びの東京オリンピック日本代表選考は、第三選考まであります。

第一選考

世界陸上(9月27日~10月6日)で、メダルを獲得+日本人最上位者+標準記録(2m33)を突破

第二選考

日本選手権(2020年6月25日~28日)で、3位以内+標準記録(2m33)の突破。

第三選考

IAAFワールドランキングによる有資格者。

Ringo
第一選考の条件をクリアすると、ここで東京オリンピックの選手に内定!

逆に、この条件を逃すと第二選考の条件をクリアしないといけなくなります。

ちなみに、走り高跳びの東京オリンピックは、

予選:2020年7月31日

決勝:8月2日

会場:オリンピックスタジアム(新国立競技場)

最近のインタビューでは、自分の今持ってる力を全て出し切って、技術的にもはまれば、2m40という高さも具体的に見えてきたと手応えを語った戸邉選手。

ちなみに、世界記録はキューバのハビエル・ソトマヨル選手の2m45(1993年7月27日)。

Ringo
まずは第一選考の世界選手権の結果に注目ですね!

走り高跳びってそもそもどんなルール?

走り高跳びは片足で踏み切り、バーの高さを跳び越えて競います。

ルールは、

  1. 同じ高さのバーに3回まで挑戦可能
  2. パスすることもOKだけど、3回連続失敗で競技終了
  3. 最後に跳んだ高さが記録になる

走り高跳びは試合で10回も飛ぶと疲れが出るそうで、何回目で自分のベストを持っていくのか駆け引きが必要なんだそうです。

跳び始める高さは自分で決めるので、周囲の選手とのプレッシャーもあるんですよね。

Ringo
走り高跳びは精神的にも大変なスポーツだったんですね!

ちなみに、走り高跳びの踏切の時って1トンもの衝撃がかかるとか( ゚Д゚)

戸邉直人の経歴

戸邉選手は、中学3年生で「第33回全日本中学校陸上競技選手権大会」の走り高跳びで優勝。

その後は、専修大学松戸高等学校に進学。

3年生でインターハイに出場し、2m18で優勝。

そして、「新潟国民体育大会」では高校新記録の2m23で優勝と2冠を果たします。

Ringo
高校当時から、地元では高跳びで有名な選手だったとか。

また当時は、テスト期間で部活が休みの時でも一人で黙々と練習をこなしていたそうです。

大学は筑波大学へ進学。

勉強をしながら競技の練習にも力を入れ、常に自分で練習メニューを考えながらトレーニングに励みます

そして、「世界のトップになるためにはどうしたらいいのかか?」を考えた結果、筑波大学の大学院へと進学し、走り高跳びのコーチング学について研究します。

大学院では、コーチはつけず自分を研究材料にしてトレーニング。

自分の目で自分の競技を見て、分析・データ取得・結果や根拠を研究してきました。

自身も「高跳びオタク」と認めるくらい研究が大好きだそうです。

Ringo

その後、2019年にはヨーロッパでの大会で日本新記録を出しました。

https://twitter.com/naotobe/status/1091849075383853058

戸邉直人のプロフィール

名前:戸邉直人(とべなおと)

生年月日:1992年3月31日

出身地:千葉県野田市

身長:194cm

体重:74kg

出身中学:野田市立第二中学校

出身高校:専修大学松戸高校

出身大学:筑波大学大学院

所属:日本航空

まとめ

戸邉直人選手に関する記事はいかがでしたでしょうか?

かなりの小顔で高身長のイケメンですよね!

競技と研究と、まさに文武両道の選手だとおわかりいただけたと思います。

2018年の今年は、これから世界陸上を控えていますが、活躍に期待したいですね!

-男子スポーツ選手
-, , ,

Copyright© RINGO EYES , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.